FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、レクサスISの運転席を内装リペアしました。^^:

どうしても、革のシートは、使用していると擦れてしまいます!


01220150224.jpg 



でも軽い擦れなら、内装リペアでキレイになりますよ。


こんな感じでシートを養生して調色した塗料をスプレイガンで塗っていきます。



01120150224.jpg 




01320150224.jpg 
完了です!


ご依頼ありがとうございました!


デントリペアGO!
スポンサーサイト
今回は、BMWの5シリーズ E60のフロントシートの擦れを内装リペアしました。

0813.jpg 


革シートのサイドサポート部分は、乗降りの摩擦で擦れて塗料が剥がれてしまいます。(^^;

0803.jpg 

擦れた部分を専用のパテで補修してます。


パテが乾いたら調色した水性塗料をスプレーガンで塗装していきますよ!


0823.jpg 

どうでしょう?

結構キレイになりますよ。(^^:


これでオーナー様も気持ち良くドライブできますね!!


ご依頼ありがとうございました。



デントリペアGO!
今回は、二代目 TOYOTAエスティマの運転席にできた、たばこの焦げをリペアしました。



0190.jpg 


やはり焦げ穴は無い方がいいですからね!(^^:



0188.jpg 


小さな焦げが数箇所ありますね。(^^;


でも大丈夫ですよ!


0189.jpg 


どうですか?あまり目立たなくなりましたよね・・・(^^:

これで気持ち良くドライブ出来ますよ!!


ご依頼ありがとうございました。


デントリペアGO!


革のシートは、気をつけて乗降りしていても少しずつ擦れていきます。

今回のパサートは、軽い擦れでしたが、オーナー様のご希望で軽くリペアしました。(^^:

 


サイドサポート部分を左右のシートともちゃんと養生して、
調色した水性塗料をスプレーガンで塗装していきます。

今回、作業があまり難しくないので出張リペアで作業していますよ!


 008d.jpg


(右フロントシート)

006d.jpg

 

(左フロントシート)

009d.jpg

シートの痛みが軽いとリペア後の状態もキレイで、気持ち良くご使用いただけると思います。(^^:

ご依頼ありがとうございました。


デントリペアGO!
輸入車の天井(ルーフライニング)は、経年劣化でウレタンがボロボロになり表皮(布や革等)剥がれて垂れてきます。

最近の猛暑等で劣化のスピードも加速しているようで、張替えのご依頼が増加しています。(^^;

ルーフライニングを新品部品に交換するのが、一番良いのでしょうが思っているより高価なんですよ!!

特に今回のコンチネンタルGTなどは、表皮が革なのでびっくりするくらい高いだろうと予想できます。

028f.jpg
 



本来こんな風に剥がれてはいけませんが、ウレタンと表皮の間に挟まれたブルーの部分が悪さしてます。

この樹脂系のシートをキレイに剥がして(結構たいへんですよ)いきます。


 030d.jpg



だいぶ剥がれてきてますね!

その後、ボンドをスプレーガンでふきつけて元にもどしていきます!(^^:



  023d.jpg


全体像はこんな感じですよ!!


この後、数件同じリペア事例に遭遇しましたのでコンチGTに多い症状なのでしょうか?


ご依頼ありがとうございました。


デントリペアGO!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。