上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回、キムタクがCMやっていたフィールダーのリアドアをデントリペアしました。

事前に、オーナー様がリペアをしようとして途中で断念しているとお聞きしてましたが・・・

みごと10数ヶ所、凸になっていました。^^;)

こうなるとリペアが難しくなりますので、凹んだままでご依頼お願いします!

最初に凸のところをポンチで平らにしてからヘコミの部分をリペアしていきます。

 

画像 028        画像 029

 

           (施工前)                              (施工後)

 

オーナー様も急がれていましたので1Hほどで作業終了!

やはり今ひとつの仕上がりでしたが、予想よりも良い仕上がりとのお言葉頂きました。

ご依頼ありがとうございました。

スポンサーサイト

今回は、ダイハツ コペンのアクティブトップ(電動メタルトップ)部分のデントリペアをやりました。

アルティメット エディションという特別仕様車でレカロシートのカッコイイ コペンでした。

リペアした場所は、リアガラスの上部分に4cm程度の浅い凹みです!

 

画像 023

内装を外しアクセス可能となりました。

 

画像 022      画像 024

          (施工前)                             (施工後)

 

リペアしている時には、気がつかなかったのですが、やはりトップ部分アルミ製でしたね^^;)

ご依頼ありがとうございました!


 

 

 

 


今回、BMW(E60)525iツーリングのFドアをデントリペアしました。

約4cm程度のクリスデント(縦線のデント)でした。

深いデントではありませんが、パネル裏には制振材が張られていますので

ツールが滑ったりして少々やり難かったです!^^;

 

画像 019      画像 020

            (施工前)                             (施工後)

 

もう少し凹みの位置が下だったら、内装の脱着が必要でしたが、今回は何とか大丈夫でした。

大変きれいなお車でした!

ご依頼ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。