FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロダイさんで作業をしていると革の張替え依頼がよくあります。

今回は、フェラーリのエアバック部分の縮んだ革を張替えます。

輸入車のダッシュボード部分には、革を使用した車種が有ります。

革という素材は、経年劣化により縮んだり色が退色したりしますので重症になった場合張替えが有効ですよ。


055.jpg 


中央部分に浮きが出来ていますね!

こうなるとリペア不可のため、張替えとなります。


056.jpg 

裏側からみるとこんな感じですよ。



057.jpg 

表皮を剥がすと、まだウレタンが残っていますが、このウレタンをキレイに取除く必要があります。

このウレタン、接着材で密着していますので綺麗に剥がすのは大変です。(^^;



058.jpg 


ウレタンをキレイに取除いた状態です。


この後、再度ウレタンと表皮を貼って終了となりますが完成後の画像撮り忘れました。

申し訳ありません!(^^:


ご依頼ありがとうございました。


デントリペアGO!
スポンサーサイト
BMWの次にリペア依頼されたのが、ダイハツ ミラのプレスラインに掛かる凹みでした。

どちらかと言えば、こちらの方が難易度が高いような・・・・(^^;

まあ、ほどほどに直れば良いとのお話でしたので、少しプレッシャー減少です。(^^:


でも手を抜けません、出来るだけ良いリペアをしたいですから!


194.jpg 



プレスラインに掛かった5cm程度のドアパンチです。



193.jpg 

(施工前)


ガラスの隙間からツールを入れてリペア出来ました!^^:)


195.jpg 

(施工後)


2台目のご依頼ありがとうございました。


デントリペアGO!
今回は、BMW 3シリーズ ツーリングワゴンの左リアドアに出来た3cm程度の凹みをリペアしました。


最近の車両は、ガラスの隙間がタイトでデントツールが入りずらい場合が多いです!

特に高級車、ドイツ車などは・・・・E91もそんな感じではありましたが、何とか細いツール入りました。(^^:



191.jpg 


(施工前)


ヘコミの場所が、水切りモールやドアノブに近いのでリペア出来るかツールを入れて探ってみます。

もう少し上にヘコミがあったらドア内部の骨に邪魔されてリペア困難だったかもしれませんが
今回は、リペア可能した。(^^:


192.jpg 

(施工後)


ご依頼ありがとうございました!



デントリペアGO!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。