FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボンネットの上に何かが落ちて来たそうです!(^^;

小さな凹みですが、オーナー様にはショックな出来事ですよね。

X6は始めてのリペアですので、ちょっと緊張しつつリペア現場に出向きました。

やはりボンネットもデカイ!(^^:


031j.jpg 


ボンネット裏の防音材を脱着しないとリペア出来ないので地道にクリップを外していきます。

でも数が多くて大変でありますよ~^^;

外れるとこんな感じです!


032j.jpg 


当然ながらヘコミは、骨の中にありました。



035j.jpg 


テープの後に小さな凹みですね!


ハンドツールを骨の隙間に差込みヘコミをリペアしていきます。


036j.jpg 

はい!リペア終了です。


リペア後の状態をご確認いただき、防音材を元の状態に戻してリペア終了です!(^^:

小さな凹みならよりキレイにリペアできますよ!!


ご依頼ありがとうございました。


デントリペアGO!
スポンサーサイト
いまだに通の方に人気の後期方(オーバーフェンダーTYPE)トヨタ アリストです。

記憶に残っているのが、キーを差し込むとステアリングが電動で動いたのが驚きでしたよ~(^^:

さてそんなアリストも生産終了から少し時間が経ちましたが、まだキレイに保ち乗っているオーナー様が多くいらっしゃいますね。

今回もそんなオーナー様です。

小さな凹みですが、見つけるとやはり気になりますよね!(^^;


021j.jpg 

(こんな感じで作業してます。)



でもまかせて下さい、こんなヘコミこそデントリペアでリペアするのが一番ですよ!!


020j.jpg 


(施工前)

分かりにくいですが少し凹んでいます。

今回は、ドア側の隙間からデントツールを入れてリペアしました。


022j.jpg 


(施工後)


ドアとの隙間に養生テープが写っています。
(ツールが塗装面に当たって傷付かないようにしていますよ。)


リペア終了後、養生テープを剥がして完了です。^^:)


ご依頼ありがとうございました。

デントリペアGO!

200系のハイエースは、スタイリッシュで中々良い感じですね!(^^:

でも1BOXの車は、どうしても飛び石の被害を受けやすいものです。

今回も道路走行中に石を跳ね飛ばされてしまったとの事でした。(^^;

117a.jpg
 



ボンネットを少し浮かせて裏側から凹みを確認します。


表のヘコミは、こんな感じですよ!

116a.jpg
 


そこそこ深く凹んでいます。


こんな場合は、出来ればパワーの掛かるツールが使えると上手くヘコミ直せますよ!

デントツールを数種類、とっかえひっかえして押していきます。

でもやはり真ん中が硬い・・・(^^; ソフトツールにしてグイッといきます。



118a.jpg  


何とかキレイにリペア出来ましたよ!

さてコンビ二で時間をつぶして頂いている、オーナー様にご連絡しないといけません。^^:)

これで気持ち良くドライブ出来ますよ!


ご依頼ありがとうございました。

デントリペアGO!



とってもキレイなボクスターですが、どうもドアパンチの洗礼を受けてしまったようです。(^^;

ヘコミの場所は、普通でもやりずらいクオーター部分

しかも今回は開口部のあるボクスターです。 (ツールは入りそうにありません。)

しばし考えて今回は引っ張りにて対応することにしました。


044b.jpg
 


紺色ボクスター かっこ良いですね!(^^:

045b.jpg
 



開口部の上に小さな凹みです。


046b.jpg
 


完全に直す事は難しいですが、気にならない程度にはなりますよ。引っ張りでも・・・(^^:


オーナー様にご確認いただきリペア終了です!!

ご依頼ありがとうございました。


デントリペアGO!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。